学校の校舎に太陽光発電システムを導入する利点とは

太陽の光エネルギーは再生可能エネルギーと言われていますが、太陽の光は地球に注がれる事で大地を温めてくれる、植物の光合成を作りだすなどなくてはならない存在です。
地球に注がれた太陽エネルギーは、別の使い道があります。



それは太陽光発電であり、太陽エネルギーを電気エネルギーに変える事で電気を作り出す事が出来る、大地を温め植物への光合成として利用するだけではなく、電気を作る事が出来る再生可能エネルギーになるのです。
住宅の屋根に太陽電池を取り付ければ、日中の太陽の光により電気エネルギーに変換が行われ、電気をリアルタイムに作りだせます。電気を作りだすと言うのは、太陽エネルギーを電気エネルギーに変えられると言う再生可能エネルギーだからなのです。
住居内で利用する照明器具や電化製品などの電気は、太陽光発電システムを導入すれば電力会社から供給する電気を使わずに済むので電気代を節約出来る事になります。



また、日中家に誰もいない時などの場合、電気を使用する電気製品と言うのは冷蔵庫だけになるので、余った電気は電力会社に買って貰う事が出来るため、一か月間の電気代の節約にも繋がって来ます。


最近は学校の校舎の屋上に太陽電池を取り付ける施設がありますが、学校の校舎と言うのは複数の建物があるため、住宅よりも太陽電池の数を増やせると言うメリットがあります。



太陽電池で発電された電気は、乾電池と同じように直列に接続が行われるため、太陽電池の数が多くなるほど発電出来る電気量が多くなり、売る事が出来る電気量も多くなって行きます。



学校の中で発電システムを導入する場合、メガソーラーと言われている太陽光発電の総出力量が10kWを超える事も多いので、余った電気を売ると言う余剰電力買い取りではなく、発電した電気すべてを買い取りして貰える全量買い取り制度を利用する事が出来るようになります。



全量買い取り制度を利用した場合は、発電した電気を学校内の照明器具や冷暖房設備などで利用する事が出来ませんが、発電されたすての電気を売る事が出来るため、授業中に使う電気代を節約する事が出来るようにもなりますし、太陽光発電システムには売電メーターなどのような目で見て発電量が分かる設備もあるため、生徒への節電意識を向上させる事が出来るなど、教育現場でのメリットもあります。

https://secure.okbiz.okwave.jp/twave/category/show/33?category_id=33

電化製品は、ACコンセントに電源プラグを差し込んでおけば、電源を入れてあげる事で電化製品を使う事が出来るようになりますが、電化製品を使わない時なども、電流の流れがあり常に電気を使っている事になります。



これは待機電流と呼ばれているもので、電源を投入した時にすぐに電化製品を使えるようにするために電流が流れているのです。


学校に太陽光発電設備を導入すると、生徒一人一人が節電意識を持つようになるため、電気の無駄遣いをなくすためには使わない電化製品の電源プラグを抜いておくと言う指導を行う事も出来るようになります。

http://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-15232120100511

関連リンク

太陽光発電講習の受講で自信を持った施工につながる

太陽光発電の講習は設置施工業者に対して、実践的な内容をふんだんに盛り込んで実施が行われています。ソーラーパネルはエコや省エネブーム、地震のときにも発電が可能であることから注目されて、設置には高額費用がかかりますが、補助金がもらえる自治体があったり、余った電力を売ることができる魅力などから一般家庭での需要が増えてきました。...

more

学校の校舎に太陽光発電システムを導入する利点とは

太陽の光エネルギーは再生可能エネルギーと言われていますが、太陽の光は地球に注がれる事で大地を温めてくれる、植物の光合成を作りだすなどなくてはならない存在です。地球に注がれた太陽エネルギーは、別の使い道があります。...

more