太陽光発電講習の受講で自信を持った施工につながる

太陽光発電の講習は設置施工業者に対して、実践的な内容をふんだんに盛り込んで実施が行われています。ソーラーパネルはエコや省エネブーム、地震のときにも発電が可能であることから注目されて、設置には高額費用がかかりますが、補助金がもらえる自治体があったり、余った電力を売ることができる魅力などから一般家庭での需要が増えてきました。取り付けを希望する顧客の増加に対して、設備の機能を熟知して安全に取りつけることができる作業員が少ないことが業者の活動を妨げてしまうことがありました。


自信を持って顧客からの質問に答えられなかったり、施工のやり直しがたびたび発生するといったことが増えると顧客離れにつながってしまいます。

太陽光発電の講習は、屋根に設置する技術を一から学べるだけでなく、豊富な知識を身につけることができる場所でもあります。

屋根への取り付けでは、雨漏りしないように取り付ける必要があります。
地震や暴風などで簡単に外れたり落下しないようにするため、屋根の角度や材質に合わせてしっかりと設置しないといけませんが、正しい知識がないと不要な穴をあけるなどして雨漏りを発生させてしまう可能性があります。

配線を引き込むときも同様で、雨漏りを起こさせ無い取り付け方を講師から指導を受けることができます。

実習では、日本の屋根の多様性に合わせて瓦やストレート、金属の屋根それぞれでの施工方法を学び体験することができるカリキュラムとなっています。
二人程度で組んで、墨出しや金具の取り付け、パネルの設置などの実技が行われます。


太陽光発電の講習は少人数制で行われることが多く、定員は10名から12名程度です。
定員数が多い場合でも小グループに分けられて指導を受けることになります。
少人数にするのは、一人一人に確かな技術と知識を身につけさせるためで、体験をした後は自信につながります。
認定施工技術者となるため、施工技術者試験を受けたい人のための試験対策が可能な太陽光発電の講習もあります。


仕組みなどの基礎知識から法規について、設計や施工、維持管理に至るまで指導を受けることができます。
認定施工技術者の資格を得ることができれば、顧客ら名の信頼度にも差が出て同業他社との差を広げることにもつながります。日程は3日間行われることになりますが、顧客から信頼できる業者を目指すなら多くの作業員の資格取得を目指し、太陽光発電の講習に参加させるべきです。


テキストの購入や参加費用を確認し、早めに予約を入れるようにします。

地震が多い日本では自家発電の利用が増加、設置台数が増えてくるとメンテナンス作業の需要も伸びはじめます。


パネルの寿命は20年程度と長いですが、自然災害の影響を受けて破損したり落下することはたびたび発生しています。


技術開発により強度が増していても、屋根自体が影響を受けてしまうとパネルの損傷につながります。
求められたときにすぐに対応できる業者は顧客からの信頼を得ることができますから、施工と修復の技術向上に努めましょう。











http://www.asahi.com/articles/ASJBW55HYJBWULFA013.html

https://allabout.co.jp/gm/gt/24/

https://4meee.com/articles/view/581696

関連リンク

学校の校舎に太陽光発電システムを導入する利点とは

太陽の光エネルギーは再生可能エネルギーと言われていますが、太陽の光は地球に注がれる事で大地を温めてくれる、植物の光合成を作りだすなどなくてはならない存在です。地球に注がれた太陽エネルギーは、別の使い道があります。...

more

太陽光発電を利用するメリットとデメリットは?

太陽光発電とは、太陽電池を利用して太陽のエネルギーを電力に変える発電方式の事です。電池を張り巡らせたソーラーパネルを、家の屋根や広い土地に設置する事で、太陽からのエネルギーをソーラーパネルが吸収し、それを家で電気として使用する事ができます。...

more