太陽光発電の認定資格について

太陽光発電を販売する営業マンの中には認定資格を保有している人がいるのをご存知でしょうか。



住居の屋根に発電システムでもある太陽光パネルを設置すると、個人宅で電気を発電する事が出来て、住居内で使わない電気は電力会社に売る事が出来る。


電力会社に電気を売ると言う事は、1か月間の電気代を節約が出来ると言う、光熱費の削減に繋がると言うメリットを持つ事からも、太陽光発電に注目が集まっています。



また、電気を供給する側も消費電力量が減るので、夏場の暑い時期などの電力不足を軽減する事が出来るメリットがありますし、太陽の光エネルギーを有効活用する事で地球の資源保護や温暖化防止にも役立てる事が出来る、環境に対する貢献が出来るようになると言うメリットもあります。
最近は、発電効率が高いと言われている太陽光パネルが各メーカーで開発が進められており、商品化されていますが、導入する側からすると決して安いものではないのでじっくりと検討をして決めたいと考える人も多くいます。


検討する方向性としては価格が安く、発電効率が高い、そして耐久性が高いものと言った事を重視して決める人が多いわけですが、価格が安くても発電効率がそれほど良くないものもあれば、発電効率は良いけれども、価格が高く予算に合わないと言うケースもあります。



また、耐久性と言うのは発電システムを選ぶ中で重要な要素でもあり、長期間利用する事を考えた場合、発電効率の劣化が少ないものを導入しなければ後から色々な部分で費用が掛かってしまい、電気代の節約に繋がらないケースも出て来ます。



太陽光発電における認定資格の中には太陽光発電アドバイザーがあります。太陽光発電アドバイザー試験は2012年10月にスタートしたもので、毎年1回の試験が全国各地で開催されており、2014年7月の時点では、全国で約2、700名の登録が行われていると言います。



認定と言う形になるので、必ずしも必要と言う事ではりませんが、アドバイザーと言うのは発電システムを購入する顧客に対するアドバイスだけではなく、導入後のトラブル解決をいち早く行えるためのアドバイスなども含まれます。


発電システムを選ぶ時に、どのように行えば良いのか大半の場合が価格などを重視してしまい、思っていたよりも発電が出来ないと言うケースもあります。



また、発電システムは一度設置を行えば良いわけではなく、定期的なメンテナンスや故障時の対応を円滑に進めてくれる業者を選ぶ事が重要であり、売って終わりと言う事ではないわけです。



資格を持つ営業マンと言うのは、住宅などの建物を見た時に、どのようなシステムが最適であるのかの提案を行う事が出来る知識を持ちます。



知識を持っているか否かは資格の有無で確認を取る事が出来るため、これから発電システムを導入する上での安心感に繋がるなど、アドバイザーと言う資格を持つ営業マンなら安心と言った具合に、ニーズが増えています。

関連リンク

太陽光発電を利用するメリットとデメリットは?

太陽光発電とは、太陽電池を利用して太陽のエネルギーを電力に変える発電方式の事です。電池を張り巡らせたソーラーパネルを、家の屋根や広い土地に設置する事で、太陽からのエネルギーをソーラーパネルが吸収し、それを家で電気として使用する事ができます。...

more

太陽光発電に於ける様々な資格について

最近では工場や会社、役所、図書館、学校などの大きな施設だけではなく、マンションやアパートの共用部の電気をまかなうため、家庭の電気をまかなうため、集合住宅や一戸建て住宅でも太陽光パネルの設置が多く見られるようになってきました。では、まずその太陽光パネルの設置についてですが、今現在でパネルの設置の施工に於いて公式な資格はありませんが、パネルを扱うメーカーの研修会に参加し、講習、実技試験、バーチャル施工を行った上で、ID資格を得ることができます。...

more