インターンシップが就活に与える影響について

就活の際には説明会への参加、企業研究、自己分析、グループディスカッション、面接など、様々なステップを踏み内定を得なければなりません。

今回は、就活に大きな影響を与えると言われているインターンシップの影響についてお伝えしていきます。


まずインターンシップは、実際に就業経験を積むことができる貴重な機会であり、就活が解禁される時期の前から実施されている場合が多いです。



表向きは、企業の側は、採用活動には影響を与えることはありません、ということを宣言しています。



しかし、実際には就活が解禁されていない時期に行われるインターンシップでの振る舞いが企業にチェックされており、ここでの振る舞いも選考に直結している、ということも指摘されるようになっています。
インターンシップに参加していた学生が内定を得る場合が多い企業の選考もあることは事実としてありますので、入社したいと考える企業のインターンシップを経験しておくことは重要と考えられます。



また、インターンシップを経験しておくことによって、短い期間ではあるもののビジネスの現場を少し知ることができます。

そのため、企業研究や業界研究、自己分析を詳細な部分にまで行うことが可能となり、インターンシップ先の企業の選考だけでなく、他の企業の選考にも好影響を与えることが期待できます。つまり、インターンシップは、参加した企業の選考を通過する確率を上げるという影響と、社会人に向けた準備を進めることができるという影響の、2つの好影響を得ることができると言えるのです。